FAQ

よくある質問

当事務所について

定期的に訪問をお願いしたいのですが。
はい。対応させて頂いております。

当事務所ではどんなときでも、以下の3つのバランスを取ったお付き合いをさせて頂いております。
その3つとは、「お客様のご希望」と「我々の経験からお勧めする方法」と「料金」です。

なので、お客様が毎月のご訪問を希望され、我々のこれまでの経験から毎月ご訪問したほうがよい規模であり、その料金もご承諾頂ける、ということであれば、毎月ご訪問させて頂いております。

経営のアドバイスもいただけますか?
はい。そこを一番得意としております。

ただ、社長さまの個性はみなそれぞれで、私のアドバイスも皆さまが納得というものではありません。
つまり、アドバイス業務は、私と社長さまの相性がもっとも大事になります。

なので、まずは私と話をして頂いて、どのようなアドバイスがもらえるのか、ご自身で確認して頂くのが一番だと考えております。

経営アドバイスとは具体的にどのようなものでしょうか。
社長さまがお困りの具体的な事例に対して、御社に一番フィットし、かつ実行できる解決策を一緒に考えることです。

実際には、税務・会計・お金のことはもちろんですが、マーケティング・セールスから人の採用・教育訓練・メンタルヘルス・労働争議といった、まさに経営全般にかかることを社長さまと一緒に考えてきましたし、今も考えています。

私は、ご縁を頂いた社長さまに、最初によくこう申し上げます。
「社長ができないことは、私もできません。ただ、社長が3年かかってできることが、私と一緒なら1年でできるかも知れません。」
逆に、「この方法ならどんな会社にでもフィットするので、私の言う通りにしてください」と言うことはありません。

また、社長さまから丸投げを受けて社長さまの代わりに何でもやる、ということもありません。
全ては、私と社長さまの共同作業であるとご理解して頂ければと思います。

節税の相談もお願いできますか?
もちろんです。法律上払う必要のない税金は1円たりとも払わせません。

当事務所では、合法的な節税は積極的にご提案し、広告などへの再投下や法人・社長さま個人の財産形成をアドバイスしております。
ただし、脱法行為である粉飾・脱税は堅くお断りしております。

税金の世界は都市伝説がたくさんあり、何が節税で何が脱税か、ということもわかりにくいと思いますので、お客さまにはまずその違いからご説明しております。

事業資金融資のお手伝いをしてもらえますか?
はい。対応可能です。

事業資金融資、すなわち健全な借入は、特に製造業などの設備投資が必要な業種においては大事なことです。
なので、試算表や事業計画書などの説明資料を一緒に作成し、さらに銀行や信用保証協会の面接立会も行って全面的にサポートしております。

ただ一方で、赤字補填融資については、もちろんどうしようもない場合もあるとは思いますが、もっと抜本的な対策が必要なことが多く、この場合、単なる融資のお手伝いだけですと、お断りすることもあります。悪しからずご了承ください。

個人事業主でも顧問契約をお願いできますか?
大歓迎です。

個人事業主さまでも会社さまでも、ビジネスに前向きな方であればぜひ一緒に歩ませて頂ければと考えております。

決算のみお願いできますか?
申し訳ありません。

毎年、単に決算のみという関与形態はご提供しておりません。

ただ、次年度以降の継続的な顧問契約を前提として、決算から関与させて頂くことは可能です。

まずは相談して決めたいのですが。
ぜひそうしてください。まずは当事務所にお電話を。

税理士ほど、御社との相性が大事なものはありません。
ウェブサイトなどでだいたいの雰囲気はわかると思いますが、実際に直接会って話をしてみないと本当の相性はわからないと思います。

また、当事務所と相性があわなくても、どんな税理士が社長さまに向いているのかというアドバイスもしております。
当事務所にご相談頂いた時間は、決して無駄になりませんので、安心してお電話くださいませ。

10億円以上の売上にも対応できますか?
一部上場会社まで成長されたとしても、継続して対応可能です。

なぜなら、これまでの20年間の経験で、すでにあらゆる規模の会社での顧問を経験しているからです。
同じようなアドバイスでも、規模の小さな会社では有効だが、大きな会社ではむしろ害になる、ということがあります。

もちろん、その逆もあります。そういったことを実務で経験し、理解しているので、問題なく対応できます。

本当に売上10億円を達成するためのアドバイスをいただけるのですか?
もちろんです。実際、多くのお客さまが売上10億円を目標に着実に成長しておられます。

ただ、外部にいる私ごときがちょっとアドバイスしただけで売上10億円がすぐに達成できるほど経営が甘くないことは、社長さまが一番良くご理解されていると思います。
もし万が一、そのように経営を甘く考えておられるとしたら、当事務所との相性はあまり良くないかも知れません。

一方で、会社を堅実に成長させ、従業員と自分そしてその家族を幸せにしたいと考えておられる社長さまに対しては、当事務所はかなりお勧めできると自負しております。

税理士を変えたいのですが、スムーズに切り替えられるのか不安です
今は税理士を変える方も増えており、スムーズに切り替えられます。

前の税理士さんに顧問契約の解除だけを伝えて頂ければ、あとは当事務所に全ての引継を任せて頂ければ大丈夫です。
もちろん、これまで一緒に頑張ってくれた前の税理士さんを怒らせたり、不快な気持ちにさせたりするようなことのないよう、細心の注意を払って引継をさせて頂いております。

起業応援プラン

本当に1万円で対応してもらえるのでしょうか。他に費用はかかりませんか?
売上に応じて、月額顧問料は金額を設定しております。詳しくは料金表のページをご確認ください。

月額顧問料の他に発生する費用としては、年末調整・償却資産税申告の手続きがあります。
社長おひとりの会社で売上高300万円未満であれば、年間総額15万円ちょっとで対応可能です。

お会いしなくても本当に大丈夫なのでしょうか。
電話やビデオチャットなどで十分にサポート可能だと考えております。

ただし対面でなければどうしても安心できないといった方にはこのコースはおすすめできません。

個人で3年、法人で1年目になります。起業応援コースは利用できますか?
はい。法人設立は3年以内ですのでご利用いただけます。

ただし、売上高が3,000万円以上の場合は、通常の顧問契約となります。

決算料を教えてください。
売上に応じて承っております。

詳しくは料金表のページをご確認ください。

丸投げで全てお願いしたいのですが。
はい。記帳代行から各種申告手続きまで全て代行で承ります。

会計+経営相談プラン

普通のコンサルタントと何が違うのですか?
数字を元にした、つまり現実を元にしたアドバイスを、御社の数字をすべて把握した税理士本人が行うことが大きな違いです。
税理士を変更したいのですがどうすれば良いですか?
会社の状況や今の税理士さんとの契約内容・関係により異なりますのでまずはお問い合わせください。
創業時からお願いできますか?
可能ですが、創業3年未満の会社様には、創業期の内容に特化した起業応援プランをおすすめしております。
節税をお願いできますか?
合法的なアドバイスはどんどん行っており、法律上払う必要のない税金は1円たりとも払わせません。

ただし、粉飾・脱税は固くお断りしております。

W税理士プラン

今の税理士との関係が悪くなることはありませんか?
全く無いとは言い切れませんが、ご依頼にあたっては、社長さま・今の税理士さんと丁寧にやり取りを重ねご理解いただくことを心がけております。

少しでも今の税理士さんがご不満を持たれた場合は、お申込みをお請けしておりません。しかしながら、実績として、トラブルになったことは一度もありませんし、ご依頼いただいた社長さまからも今の税理士さんからも感謝のお声を頂戴しています。

セカンドオピニオンとはどう違うのですか?
セカンドオピニオンは今の税理士さんとは全く別のところで社長さまが疑問に思っていることを相談することです。

当事務所では、セカンドオピニオンも承りますが、今の税理士さんに不満がないのであればW税理士プランをおすすめしています。

どのタイミングで今の税理士に話をすればいいですか?
初回面談の際に状況をお伺いして、今の税理士さんとの関係が悪くならないよう細心の注意を払いながら最も良いタイミングをご提案いたします。
今の税理士と直接お話してもらうことはできますか。
もちろんです。

場合によっては社長さまが直接お立ち会いにならないほうがうまく進むケースもあります。

普通のコンサルタントと何が違うのですか?
数字を元にした、つまり現実を元にしたアドバイスを、御社の数字をすべて把握した税理士本人と協力して行うことがことが大きな違いです。